霊感事件①

育児日記

こんにちは。

ちくわ工場です。

桃さんが2歳のころから、ちょっとずつ感じていたことがあります。

桃さんには霊が見えているのではないか?ということです((((;゚Д゚))))

これは3歳になるちょっと前のおはなし。

夜、桃さんを寝かしつけている最中のことです。

そろそろ寝るかなあ~とおもったのですが

突然がばっと跳ね起きる桃さん。

寝室のとなりのリビングをじっと見ています。

(うちはリビングと畳の部屋が隣り合っていて、襖で仕切られています。寝る時は襖をあけっぱなしにしています。)

ちくわ「どうしたの??」

桃さん:(隣の部屋を指さしながら)

ひえ~~~~!!

怖い~~~~!!!

お友達って誰~~~~~~!!!???

もちろん部屋の中には、ちくわと桃さん以外誰もいないんですよ!

(神くんはまだ生まれてなかった。)

ちくわはビビりながらも、勇気を出して聞いてみました。

ちくわ:「お、お友達って、男の子…?女の子…??」

そしたら…。

ぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…

複数てこと?

ねぇ、複数いるの?((((;゚Д゚))))

……。

…………。

この時だけじゃなく、桃さんの不思議エピソードはいくつかあります。

つい最近もちょっとした事件があったので

そのうちアップしたいと思います。

たぶん「何か」を見ていると思います。

まあ、そういうものの見え方でも、全然いいんですけどね。

なんか問題があるわけじゃないし。

最初は怖かったけど段々ちくわも慣れてきた笑

成長するにつれて、この霊的な能力?は失われていくのかなあ。

そう思うと、貴重な特技みたいな気もしますよね。

ブログランキング参加中!

コメント

  1. […] 霊感事件①で、桃さんの霊感?のことを描きました。 […]

タイトルとURLをコピーしました